22,000の遺伝子-検査


診断効率の増加

22,000を超える遺伝子を解析できるので、多くの従来の遺伝子検査によっては数遺伝子からせいぜい数百の遺伝子だけしか解釈できないという限界が取り払われました。

多くの患者様、特に小児ケアに来られる患者様は、従来、明確な検査結果が出るまでに、いくつもの遺伝子検査や生化学的検査を受けてこられました。22,000超の遺伝子を同時に分析するエクソームシーケンシングは、このような診断の遍歴を終わらせ、相対的に効率の高い検査であることが実証されています。こうして明確な検査結果が得られることで、医師は治療や経過観察に即座に取り掛かることができるようになります。

参考文献

Outcome of Whole Exome Sequencing for Diagnostic Odyssey Cases of an Individualized Medicine Clinic: The Mayo Clinic Experience. Mayo Clin Proc. 2016, 91(3):297-307.  個別化された医療クリニックによる診断オデッセイ症例に対抗する、全エクソームシーケンシングの成果:Mayo Clinic Experience


小児の遺伝子-検査

UCLA 臨床ゲノミクスセンター

成人の遺伝子-検査

UCLA 臨床ゲノミクスセンター

 


成人スクリーニングのためのエキソームシーケンシング検査

Baylor Genetics